「熱絶縁工事」

ビルや工場のタンクや配管、ダクト等の熱を外に逃がさない、または外部からの熱の侵入を防ぐために、結露を防止するために熱を伝えにくい材料である保温保冷材(断熱材)を取り付ける工事を「熱絶縁施工」または「保温保冷工事」、「断熱工事」等といいます。そして屋外等の場合はその表面に薄い金属を取付、屋内の露出配管等では樹脂材で保護する工事を「板金工事」または「ラッキング工事」といいます。板金工事という名称では外壁や屋根工事など全ての板金工事が含まれますが「ラッキング」とは熱絶縁施工のなかの板金工事だけをさし示します。

2021年04月29日